「手の女」シャツ-半袖ネイビーストライプ編-

半袖シャツを縫います。

夏になるとBshopで買ったGymphlexのパフスリーブシャツをよく着ます。ボタンのついたシャープな襟のおかげかパフスリーブでも甘くなりすぎないところが気に入っている。C&Sさんの半袖シャツパターンが形が近いようなんだけれど、パターンを写し終えたところで、ヨークなしな作りであることに気づいて考え直し、袖の形は異なるけれどMPLさんの「手の女」シャツを作ることにしました。ヨークはあった方が着心地がよいような気がするのだけれど実際のところどうなのだろうか?

袖は仕様書通り、カフスもない三折り、襟は丸襟にしてみた。裾は外に出して着る設計のようだけれどバランスを見て決められるように手持ちのシャツを計ってとりあえず2センチ伸ばしてみました。

今日は裁断で終了。次の段階に進むには薄地用の接着芯を入手しなくては。。。

ブラウス用の布はあと5着分は買ってあるのです。。。どれも素敵な布で眺めているだけでも楽しいのですが、それぞれに合ったシャツを完成させられたらしあわせ~。

パターンレーベル クチュリエラインT

きれいめ定番Tシャツです。

ネックはタートルも含めて4種類、袖も4種類から選べてうれしい。

7分袖で作ったら季節はずれになってしまいましたが、梅雨で寒い日がやってきたときに着ようと思います。

作りおきおかず 2月第3週

久しぶりの作りおきおかず記事になります。

事情があって今年に入ってあまり料理をしていませんでした。

ミネストローネ(大根、にんじん、たまねぎ、芽キャベツ、大豆)

なます(大根、にんじん)

たたきごぼう(ごぼう、ごま)

 

芽キャベツは子供の頃の数少ない苦手食材でした。青くささがなんとも。。。

 

定番パターン

今日は予定していたことが延期になり久しぶりに丸々一日空いた。

まずしたことは家回りと玄関の掃除。すっきりー。

続いて在庫生地とパターンの管理をしました。

新しい生地やパターンに目がいきがちだけれど、好みや必要なものははっきりしているので新しいもの探しに時間を費やすよりも今あるものを有効に活用しないと。

 たまねぎ工房さんのエーデルワイスとクオーツ

 香田あおいさんの半袖ボウタイブラウス

 誌上・パターン塾スカート編を見て自分サイズで作ったタイトスカート

これは定番。更新しつつ作り続けたい。

シャツの定番パターンを見つけたいと思ってC&Sさんのパターン71と111を昨日買ってみた。襟付き前たてボタンありのシャツは2着縫ったけど外に着ていけるほどの出来栄えからは程遠く完成させたことがないのです。台襟つきは特に難しい。

勢いづいて春夏には必要なカットソー用にパターンレーベルさんのクチュリエラインTシャツのパターンも買ってみました。私は上半身が貧弱だからなるべく首の開きが小さいものが好みなのだけれどどうかな。

 

春に向けて

寒さの厳しい一日でした。

この寒さを乗り越えれば春!着るもの縫わなきゃ、、、ということで最近はパターン探し、生地探しがもっぱらの関心ごと。

夏用にはMPL(サンプラ)ワンピースのパターンと布を昨年用意したのがある。

その前にチノとカットソーとシャツとできればスカートも縫いたい。ボトムは定番色でもトップスは明るい色を揃えるつもり。

春の準備から楽しみ。

2017年のスタート

去年はイギリスで投票によりEU離脱の結果となったり、アメリカでトランプ次期大統領が決まったり、世界で思いもよらない展開となった出来事があった。私の身の回りでも思いも寄らなかった出来事があり、今後どのような展開となっていくのか気がかり。全力を尽くし、明るい方へ持っていけるように心身ともに強く、そして賢くなることが今年の目標です。

おせち料理 2016

昨年に続き今年もおせち料理を作ってみた。

紅白なますを25日に作るところからスタート。

買い物は仕事納めの28日までに済ませた。その日の晩に黒豆を戻し、たたきごぼう、田作り、栗きんとん、黒豆、昆布巻きを29日に、30日の今日、伊達巻を作って完成。黒豆と昆布巻きは時間をかけて煮る必要があるけれど、それ以外は簡単だった。

お味は普通。。。吟味した材料を使って慎重に作った去年の方が明らかにおいしかった。来年はちょっと工夫が必要かもしれない。