読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の果てのこどもたち

この本を読みました。

 

世界の果てのこどもたち

世界の果てのこどもたち

 

小さな女の子3人が経験した戦争の話です。

立場は全く異なる3人。裕福な暮らしをしていたのに空襲で親族との別れを余儀なくされたり、終戦を受けて壮絶な体験をしながら日本に引き揚げる途中に現地の家庭に買われて育てられることになったり、日本で差別を受けながら育ったり、それぞれ想像を絶するようなつらい経験です。こどもの目線で感じたこと、見たことがつづられていて、すんなり理解しやすいので、読んでいてため息をつくこともたびたびでした。内戦をしている国、国が機能していない地域ではこれに近い状況を送っているこどもたちが現在いることでしょう。なんとも言えないのが悲しいですが、少なくともこういう経験をした人がたくさんいることを忘れないでいようと思う。